ファンデーションも潤いプラス

最近はすっぴんのようなメイクが流行っていますよね。しかも、ツヤ感も忘れず、潤いもしっかりあるすっぴん風メイクです。そのためには、土台のお肌の調子も大事です。スキンケアでうるおいをしっかり補給。たまには、フェイシャルエステに行ってお肌のメンテナンスと美容への努力は惜しみませんよね。

メイクにも潤いを加えたい。そんな時におすすめなのが、リキッドファンデーションの中に乳液を混ぜる事です。肌の乾燥が気になる時や、ツヤ感がほしい時などにリキッドファンデーションの中に乳液を加えて保湿力をアップです。伸びが良くなり、薄づきになるのですっぴん風メイクにも最適です。

パウダーファンデーションの場合は、保湿効果のある化粧水をスプレーでスポンジにひと吹きします。ファンデーションがほんのりクリーム状になり保湿力がアップです。あまり水分が多いとムラになってしまうので注意が必要です。メイクもツヤ感をだして水みずしくいきたいですね。

春は紫外線、美白対策をしようかな

春は、お肌が荒れやすくスキンケア化粧品を変えたくなります。この時期は花粉や紫外線やたくさんの外的要因からも守らないといけないし、まだまだ乾燥はするし、かといって昼間などは温かい時もあって皮脂や汗などにも気を遣わなくてはいけません。

便利なコスメトライアルもありますし、他のスキンケア化粧品に変えたいのですけど、スキンケア化粧品を変える時ってけっこう勇気がいります。

この時期はUVケア。やはり紫外線対策でしょうか。シミやくすみも気になりますから、美白対策もしっかりしていきたいです。美白コスメを選ぶ時に参考になるのが、美白成分ですよね。

アルブチン、エナジーシグナルAMP、カモミラET、グラブリジン、m-トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸、リノール酸S、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、マグノリグナン、ルシノールなどがあります。

日焼け止めクリームで紫外線対策もきちんとして、お肌が荒れやすいこの時期を乗り越えたいものです。

ミスパリなどエステサロンはこの時期は、フェイシャルエステなどで、忙しくなるようですね。

歯磨きしながらほうれい線ケア

いつまでもキレイなお肌で若々しく見られたいですが、老化は誰にでもおこります。そのために、いろんな美容法を試しては、日々アンチエイジングにはげんでいます。キレイを保つには毎日の積み重ねが大切ですよね。

年齢を感じさせるパーツのひとつにほうれい線があります。ほうれい線が濃くなると老けた印象になりますが、生活習慣のなかでほうれい線が濃くならないように予防するかんたんな方法があるんです。

それは、歯磨きをしながら、口の中をストレッチするという、ながら美容法です。歯磨きは毎日何回か行いますからその度に口の中をストレッチしたら、ほうれい線が濃くなるのを防げます

方法は、歯磨きをした後に、うがいをすると思うのですが、うがいをする時に水と空気を溜めて、口の中を刺激します。左右の頬やくちびるの部分や歯茎の間など、水と空気でふくらませれば、内側からほうれい線を伸ばせるというわけです。簡単なので、歯磨きをする時にはおすすめです。

昔と比べちゃうとスキンケアやメイクに力がはいなくなってきちゃったね。

今は10代の頃からメイクを始めている子もいるんだよね。20代になるとみんなメイク時間も30分以上はかけてしっかりするんだよね。でも、女性だと結婚して仕事を辞めてしまったりすると節約の為に、化粧品にかける時間もお金も少なくなってきてしまうんですよね。

そして、出産になるとメイクする時間もなかったり、子供に邪魔をされてしまったりして時間をかけてできなくなってきてしまって、メイクを楽しめなくなってきてしまうんですよね。本当は、年を重ねて20~30代はさらなる年齢に向けて小じわ対策とかクスミ対策でスキンケアにはじっくり時間をかけなくちゃいけないんだけど、毎日子供に振り回されてそこに注力できないのが残念です。

スキンケアやメイクは、時間をかけられないのなら、時短スキンケアを使いましょう!メイクは最低限してメイクをしている事が分かる程度までは頑張ってメイクしましょう♪そのうちお子様が大きくなったら時間をかけられますよ。その時後悔しないようにしなくちゃね。